読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女との将来のため必死で働いていたつもりが将来を失った、いやそもそも将来なんてものは存在していないことに気がついた、というよりも僕は今しか生きられないんだという話

タイトルの通り何やってんだ俺っていう感じの話なんですが

振り返りと未来への決意を込めてまとめます。

 

僕には3年以内に結婚したい彼女がいて、

そうした目標から逆算してビジネスマンとしての直近の計画を立てていました。

 

少し具体的に言うと

3年以内に最低でも時価年収750万円の存在になり、

貯金を250万円貯めるつもりでした。 

スマ婚だけはしない!っていう謎の想いとともに笑

※上記ツッコミはなしでお願いいたします。笑

 

だけれど入社前の昨年12月、華麗に彼女に振られ、

目標を見失いながらも、必死こいて理想の将来を描いて働いてました。

 

(この辺は都合が悪いので中略)

 

そんななかいろいろと話して、

今年7月にまた付き合うことができました。

 

今度こそ大事にしよう。

絶対に幸せになろう。

そうやって意気込んでいましたが、

また僕は同じ失敗をしてしまいます。

 

彼女との時間を大切にすることができず、

今日またこっぴどく振られてしまいました笑

 

好きと言ってくれる子はちらほらいるのに彼女には振られてばかり。

同じ子に何回振られるんだろう俺は。笑

 

何が間違っていたんだろう、と考えていたわけですが

答えは本当にあっさりしていました。

 

結局のところ、

僕は将来を言い訳に今サボっていたんです。

 

いつまでもそばにいるものと決めつけて今サボっていたら、、、

そりゃ嫌ですよね。大事にされていないと感じて当然です。

 

壊れてしまった関係は決して元に戻ることはないけれど、

本当に基本的なことを教えてくれた彼女には感謝しないと。

 

僕たちはどんなに足掻いても今を超えて行くことはできません。

何をしたって今しか生きられません。だってその時その時が今なのだから。

 

人生とは時間であり時間とは今の連続であるという極々普通のこと。

僕はもういつ来るかわからない将来のために生きるのをやめます。

たどり着くことができるかわからない将来のために生きるのをやめます。

 

たった30000日のうち9000日を生きてしまったけれど、

過去には戻りたくても戻れないけれど今は今までの今の積み重ねであり、

これから先の今も今僕が考え動いた先にある今なのだから今の僕は目の前の今に集中すべきなのだ。

 

つまり僕が失った将来なんてものは最初から存在していない。

そんな虚構のために失ってしまった大事な縁を惜しみつつ、

俺は格好いい男になることを決意できました。

 

いつか僕を振ってくれた彼女に直接お礼が言えるような誇れる今を積み重ねていきます。

誰よりも早く人生のPDCAサイクルを回していきます。

 

いつかあわよくば時間の連続性をぶち破る仕組みを作れたら、、

なんて妄想は置いといて(笑)限られた人生を思いっきり楽しんでいきます!

時間の連続性はぶち破れなくても、みんなが今を楽しめる環境は創りたい。

 

今を生きよう!

今度こそ格好良くありたい!

 

偉そうに書きましたが結論をまとめると

今までの僕は偉そうに将来を考えているなどと言い今を大切にしていなかったために彼女に振られ、あまりのショックで気が動転し今よりも将来が大切だという証明を試みた結果、時間とは常に今であり、人生とは時間であるという原理原則を見出し、将来という虚構に挑んでいた今までの愚行を後悔してるなうです。

いいパスを出せるプレーヤーに。

チームの中での自分の動きを最適化できていないのでここで整理する。

現状はタスクの引き継ぎをできずにほとんど自分で手を動かしている状況。
これは非常に微妙でマルチタスクの管理が難しい。
とは言え誰かに振ろうとしても難しい状況をどうしようかと考えている。

目標は周りを使えるようになること。
まだマネージャーではないから、パスを出せるプレーヤーにならないといけない。

数字だけで評価される環境では、ゴールだけを求めがち。
サッカーとかでもゴールに直結しないパス回しやボールがないところでのランニングをサボるプレーヤーが増えるとチームは回らない。
だから、ゴールだけを狙って全線に張り付き続ける人だけではチームにならないと思っている。
今のチームはそんな感じ。

今の俺はまだ責任を追うことができないけれど、プレーヤーとしてチームを変えたい。
乗り越えられれば確実に成長できると思うから、それを楽しみに今の状況に向き合っていきます。

人を動かし、自分も動く。そんな働き方を目指します。

頑張っている自分を演じないこと。

9月も残り1週間になりました。

数字に追われている僕たちはおそらく今月も数字合わせに奔走することになりそうです。

 

ただなんとなく数字を合わせるため、ただなんとなく行動してしまうことが多い。。

 

一生懸命に頑張ってはいるけど、いつもぼーっとしている感じ。

 

きっと考えていないからだと思う。

仕事ではできていることも多いけど、その分回ってくる次の仕事ができない。

〆切が守れなくて、「もういつでもいいかな」と思ってしまう。

 

長い時間を使っているにも関わらず、生み出している価値が少なすぎる。

 

結局のところ未だに「頑張っている姿」で評価されようとしている部分があるんだと思う。

実力がないから「頑張っている姿」を見せようと頑張ってしまう。

 

誰かに評価されるために頑張ることも確かに必要なのかもしれないけれど

これからはもっと自分のためになる行動を選択していく。

 

頑張っている姿なんか見せなくても価値を生み出すことのできる人間になる。

仕事ノート

新入社員になって半年くらいたったわけですが、何を考えて働いていたのか忘れてしまうので書き溜めます。

高校生とかがよく書いている野球ノートとかそういうイメージです。

誰に提出するとかではないので、たまたま見てくれる人に提出します。笑

 

今のところ月曜日が一番楽しみで、暇な休日は気がついたら出社しているような状況なので順調です。

 

ただ一方で、ブログのタイトルの通り、

上司に期待0の新入社員といじられておりますので、

なんとか実績を出して行けるように頑張ります。

 

まず新入社員というくくりで見られている時点で悔しいですし、

一社員として認めてもらえるよう戦っていきます。

 

ところで、今日は9.11の日ですね。

もう15年も経ってしまったのかとしみじみ思います。

みなさんの分も僕が一生懸命に毎日を生き抜きますね。

 

それではどうぞ宜しくお願い致します。